2008年11月アーカイブ

名言といってしまうと、少し大袈裟になるのですが

好きな言葉があります。

送別会や結婚式の二次会などで酔った勢いで、ついつい書いてしまう

そんな、名言(もちろん、パクリですけどね

 

 

十分の完璧を求めず八分の適度をもって

二分のゆとりを求め、その二分をもって天命を楽しむ

 

 

実によくないですか?

 

解釈は人によって違うと思いますが、

私は、勝手に、こう解釈しています

 

何事もゆとりをもって行う(余力を残すっていうのかな~)

もちろん、一生懸命するんですけど、完全燃焼してしまわないように

少しだけ調整する・・・

 

燃え尽きちゃったら、後の楽しみがなくなりますからね

 

普段の言動と逆行しちゃうかもしれませんが・・・

これが、私の座右の銘

もう何回も色紙やノートに書いたけど・・・

 

そもそも、誰の言葉だったっけ?

 

 

 

 

 

 

おはようございます

今週は少し寒さが緩くなるようですね

 

連休明けの火曜日、なにか朝のスタートがまったりしますね

 

スロースタートだと、あっというまに週末・・・

結局、満足な実績を残せなかった~という事にならないように

朝から、いまから、トップギアでがんばりましょう

 

仕事は段取り八分

 

社内のミーティングなどでよく使う一言

 

呼んで字のごとく

 

仕事(プロジェクト)の成功は、段取り(準備)で決まるということです。

 

これは、手際や準備といったこともあるのですが

翌日への取り組みという言うのもあります。

 

一日の仕事を終えて、退社しようとする、その瞬間に

明日の仕事がスムーズに入れるような工夫をすること

 

たとえば、机周りなら、きれいに整理整頓してから帰る

たとえば、PCの電源を落とす前にメールチェックをする

 

こんなことでも、段取り八分ですね

 

今週で11月が終わります。

いよいよ来週から師走

一年の締めくくりを有意義に過ごすためにがんばりましょう

 

今日も一段と冷えます

 

社内でも風邪気味のスタッフがいます。体調管理は売上管理よりも重要項目です

ので、しっかり行なってもらいたいです。

 

弊社がお世話になっているクライアント様で、中部商工業協同組合という組合が

あるのですが、入居されているビルの1階に薬局があります。

 

武田薬局というのですが、20坪くらいの広さで昔ながらの薬局です。

大通りからは一本中に入った通りですので、人の往来もそうそう多くはありません。

 

ちょっと離れてはいますが、近くに大型ドラックストアがあります。

こちらは、全国チェーンのスギ薬局

 

品揃えを比較すると、比べ物になりません 100 対 3 ぐらいの大差でスギ薬局の

大勝でしょうか。スギ薬局も最近は店員さんの対応がしっかりしています。

普通に考えれば、スギ薬局で買い物するかな・・・

 

ところが、私は武田薬局を利用します。仕事柄、クライアント様を訪問する際に前を

通るので、ご主人と奥様には、ご挨拶する機会があります。

 

ある日の午後、たまたま店の前を通りかかると、奥さんが軒先を掃き掃除してました。

私の顔を見て「お久しぶり、疲れた顔してるよ~これ飲んでって」と試供品のリポC

のふたを開けて手渡されました。

 

別に疲れてるという自覚はなかったのですが、せっかくなのでご馳走になります。

そういえば、前に栄養ドリンクを箱買いしたときにも・・・

持ち帰り用とは別に、一本開封して、おまけに「絶倫」ってかいてある錠剤と一緒に

ご馳走になりました。

 

別に試供品を頂いたから特別視するわけではないのですが・・・

武田薬局って、こういう親近感のある接客をするんです。

 

薬局に来店されるお客様の大半が何らかの問題(悩み、病)を抱えているわけ

ですから、そのような悩みや心配事を払拭する親近感のある接客(対応)は

効果テキメンですね。

だって、来店目的が明確で購入意思が強い(100%?)お客さんばっかり

ですからね。

 

 

 

お商売の基本

なぜ?どうして?わが社を選んでいただいたのか?わが社に何を期待されているのか?

これが、わかれば成功の近道かもしれません

 

 

わが社のエースを紹介したいと思います

 

通称「プリンスくん」

大変お上品な呼び名です。名前の由来は後日紹介するとして
今日は、プリンスくんの期待どおりなリアクションのお話しです。

 

プリンスくんが、外出した隙に、彼のPCにちょっとした悪戯を・・・

 



 

デスクトップの左上隅に黒人のシールを貼ってみました

 

ついでに、デスクトップの設定をいじって、アイコンのサイズをシールと同じ
サイズに変更して・・・

 

 

帰ってきたら、どんなリアクションをするか?少し離れたところから観察しました


 

 

プリンスくんご帰還


すぐさま、机で作業開始・・・
なんとなく異変に気付いたような・・・


そして、おもむろに


黒人さんを・・・

クリックしようと、マウスを動かしている模様・・・


でも、ざんねん

ポインタはむなしく、シールの下を潜り抜けるのであった

 

 

そんな酔狂な彼のブログもよろしく

プリンスの王子様的日常風景

事務所の前の道路で水道工事をやっています

連日、ガガガっー、ガガガっーと音が出ているのですが、

今日が一番にぎやかです

音がするからって、仕事に差し支えるようなデリケートな神経じゃないんで

大丈夫ですけど・・・

 

現場監督のおじさんは大変みたいです

往来する通行人やご近所さんに、頭を下げながら作業員たちに叱咤激励

行ったり来たりで、常に動き回っています。

外出先から帰ってくるたびに、「迷惑かけてすいません!」と・・・

こちらが恐縮してしまいます。

 

ネットで面白い記事を見つけました

料理に虫が入っていた!そのとき、デキる男がとるべき態度は?

 

ようは、、、

女性同伴の席上、人前で大人の男は、どう振舞うのが男らしい?のか

ということみたいです。

元ホストの方がコメントしてましたが・・・

 

私ならどうする???

 

状況を説明して、食べずに、お金だけ払って帰るでしょうね

 

どうしてか?

 

大きな声を出すほどのことでもないし

新しいものに変えてもらう時間が面倒(関西人に多い特性)

不慮の事故なら、店側の過失無しということで、代金は支払うのが流儀

・・・こんな感じでしょうか?

 

大人の対応・・・むずかしいですね

 

会社のPCがここの所、立て続けに不調です

Web制作のスタッフがブラウザーの確認用に使っているマシンが
特に不調でして・・・

必然的に調子が悪くなると、「新しいのを導入」というオーラが蔓延
しだしますので、意地でも直さなくてはなりません。

先週から調子が悪かったマシンをバラしてみました

具体的な症状は・・・
起動後、Win-XPのタイトルのあたりを何回もロールして、最終的に
ブルーバックします。セーフモードでの起動を試みても同じ状況です

ハード的な要因?を疑いつつ中身のチェックです。
CMOSクリアをやって・・・、BIOSの設定をもどして・・・、内臓電池を
交換して・・・
こんなことをやりながら、起動チェックを繰り返しえいました。

結果は・・・

No!ダメです。同じ症状の繰り返し

しょうがないので、クリーンインストールすることに

HDのフォーマットと、OSのインストール→

ここまでは、順調です

ネットにつないで、WindowsUpDate・・・

あれ?

途中で止まった・・・

なんやら、SP2のインストールの途中で何かに引っかかって中断です

結局、SP2はインストールされずに終了
その後、再起動したら・・・
起動後、Win-XPのタイトルのあたりを何回もロールして、最終的に
ブルーバックします。セーフモードでの起動を試みても同じ状況です

でました、この症状、またか・・・

ってことは、WindowsUpDateか??

で、とりあえず、ネットで検索



ありました

Windows XP Service Pack 2 をインストール後、エラー メッセージ "STOP: c0000135" および "winsrv was not found" が表示される

これです。


こんなところに、落とし穴があったか
マイクロソフトのこういう意地悪なエラーに引っかかるのは私だけでしょうか?

結局、再び再インストール後、手動でUpdate  なにをやってるんだか

・・・なんとか、復旧しましたとさ

しかし、マイクロソフトは・・・不親切と言うか、身勝手と言うか
自動更新で、修正プログラムを送ってくるわりに、一からインストールしなおすと
構成が間違っていて、へんな事になってしまったり・・・
Vistが出て、XPの開発が終わったとはいえ・・・
不満が残る結果でした。



仕事が夜遅くなるとお世話になるのがコンビニのお弁当

 

事務所の近くにファミリーマートがあります

でも、私的にはセブンイレブンが好きなんです

 

セブンイレブンのお弁当で有名なお話があります・・・

 

セブンイレブンで販売しているお弁当は、毎日役員が昼食時に試食するそうです。

そこで、おいしくないと判断されたものは、すぐに販売中止になるそうです。

 

ある昼食会のひと時・・・

同席した、あるお店の店長に、役員の一人が聞いたそうです

「このチャーハンは売れているのか?」

店長は、「そこそこ売れています」と答えたそうです。

 

それを聞いた別の役員が・・・

 

「そこそこ売れているからいいのか!この程度の味で売れていることに

危機感を持つべきだ!売れれば売れるほど信用が失われていく!!」

 

すごいですね

 

追求するときはとことん追及する

これ以上は無理だと思い込む限界意識を持たない

 

この企業理念を聞いたときに感動しました。

妥協するのはかんたんだけど、妥協したときには全てが終わってしまう

 

だから、セブンイレブンのお弁当は趣向を凝らしたものがおおいのかな(笑

 

 

 

先日のことです
クライアント様へ提出する企画書を作成しているスタッフに内容確認を求めら
れたので、私なりのアドバイスを・・・

わたしから
「企画書の内容で『ポイントは3つです!』と言うような表現を入れるとわか
りやすいぞ』って話をしました。

これは、わたしがサラリーマンだった頃に流行った?ビジネス書のタイトルに
影響されてるからです。いまでも、大切なクライアント様とお話しする際には
あらかじめ、ポイントを3つに絞って話すように心がけています。

余談ですが、当時何度も繰り返し読んだ本が、「ディズニー7つの法則」と
「7つの習慣-成功には原則があった!」です。同じ本を何回も読み直したの
なんて、床屋の漫画本ぐらいしかなかったので、今でも覚えていますね。

話を戻しますが、わたしが「企画書の内容で「ポイントは3つです!」と言う
ような表現を入れるとわかりやすいぞって」言ったのは、当時、このような
プレゼンの仕方が流行ったと言うのがあります。
企画書や計画書のタイトルなんかでもよく使いました。

「~を実現するための3つのポイント!」なんてね

今日になって気になったのですが・・・
インターネット上では「~つの法則」ってどういう扱いなのか??

そこで、調べてみました
Yahooで単純に、~つの法則(~は数字)で検索してみました。

わたしが、よく使う「3」で検索です。これは、けっこうHitするだろうな
この数字の倍数でアホになるという芸で一世を風靡した芸人さんがいるほど
だから・・・(古い?

3つの法則で検索した結果 / 約3,770,000件

ほほー、まずまずですな

次に本のタイトルによく見る「7」で検索です。これもありそうですね

7つの法則で検索した結果 / 約9,530,000件

やっぱり多いな。「7」という数字は人の気を引きやすいのでしょうか?

ここまでくると、他の数字も気になります

2つの法則で検索した結果 / 約3,730,000件
4つの法則で検索した結果 / 約2,550,000件
5つの法則で検索した結果 / 約1,970,000件
6つの法則で検索した結果 / 約9,720,000件
8つの法則で検索した結果 / 約8,700,000件
9つの法則で検索した結果 / 約8,240,000件

あれ?なんか変な結果ですね
最も多くヒットしたのは「6つの法則」
逆に最も少なかったのは「5つの法則」

数で言うと、整数である5つと6つの間には1つしかないのですが・・・
ネット上では7,750,000もの差が出てしまいました。
こうしてみると面白いですね。心理的な何かが作用しているのでしょうか

というよりも。「3」が中途半端な結果に終わってしまいました。

しばらく更新が途絶えていましたが、今日から毎日更新を目標に再スタートです


最近、事務所を移転しました。

わが社は、他社様と少し変わってまして・・・
事業部ごとに小さなオフィスをかまえて、各部署ごとのタスクフォースを組んでいたのです。

WebチームとDTPチームがひとつのオフィスで作業をする。デザイン関係のスタッフは同じ環境で
一緒に作業をしていますが、営業部隊はそこには居ません。
営業部隊は本社機能がある別のオフィスで勤務しています。ちょっと変わってるでしょ。

今回、手ごろな広さでロードサイド(裏道ですが・・・)の1Fテナントがあったので、引っ越したんです。

Web系チームとDTPのデザインナー達と一緒、営業も経理も一緒です。一般的にはコレが標準ですよね。
そして、毎日、朝礼をするのですが、これが結構いいんです。
朝礼では、たいした事は言わないんですが、全員がそろって、その日の行動予定なんかを発表します。
言うなれば、実行宣言ですね。

お互いが何をやっているのか?いま、会社が取り組んでる案件に自分がどういう形で参加しているのか?
情報を共有する。参加する。自分の考えを主張する。他人の意見を聞く。

こういう時間って大切だと思います。

我想う


マクロミルへ登録

タグクラウド

このブログを購読

※IE6は対応しておりません。

[フィードとは]