2009年3月アーカイブ

いや~2,3日後のつもりが・・・

1ヶ月近く放置していました。

 

前回の記事を見ながら書いていますが、前回は雪が降ってたのね

 

今日は春を感じさせる穏やかな日々・・・

花粉舞い散る、わたしにとって残酷な季節がやってきました

花粉症・・・今年は特に酷いな

 

 

さてさて、クレーム対応の完結編です。

イオンモールに入るスタバの信じられないクレーム対応・・・

 

前回までの続き~

 

500円玉と500ウォン玉を間違って渡され、お店に戻って説明したら

まるで取替え詐欺のような目で対応され、途方にくれて交番へ相談に・・・

 

 

 

 

イオンの近くに、交番があるので、そちらへ移動

交番勤務のお巡りさんに状況を説明したら・・・

 

「500円玉と500ウォン玉はよく似ているから、たまにあるんだよね」

「よく似ているということを、逆手にとって、わざと間違う人もいるくらい」

 

ようは、悪意ある人がわざと使ってしまう

 

で、どうする?

 

お巡りさんいわく

「被害届け出すのもいいけど、一緒に行ってあげるから、もう一度説明したら?」

 

なるほど・・・

 

では、お願いしますと

またまた、イオンのスタバへ

今度は保護者?(お巡りさん)同伴で・・・

 

店頭でスタバの責任者風のスタッフを呼んでもらい(さっきのレジの人でした)

お巡りさんの前で、同じ事をもう一度説明・・・

 

 

 

すると・・・

 

 

なんと・・・

 

 

あっさり

 

 

「申し訳ありませんでした」

「すぐにお取替えさせていただきます」

 

さらに・・・

 

「よろしければ使ってください」

と、ドリンク無料券5枚

 

 

おいおい・・・

国家権力を後ろ盾にすると、こうも違うのか・・・と

 

 

結局のところ、大手珈琲チェーン店のクレーム対応は、いとも簡単に終演

こんなに、引っ張る必要なかった?

 

 

はい、すいません

 

でも、初期対応がまずかった

クレーム対応で一番大事なのは、初期対応

クレームを苦情と思わずに、お客様が困っていると思いなさいと

昔の上司が言っていました

 

ひとりのお客様の影には10人のお客様がいると思って対応しなさいとも

昔の上司が言ってたな

 

現実は、なかなか難しいですけどね

 

これで、クレーム対応は完結です。

ドラマティックな内容じゃなくてすいませんでした。

 

 

 

でも、ポチッと押してね↓

マクロミルへ登録

最近のブログ記事

タグクラウド

このブログを購読

※IE6は対応しておりません。

[フィードとは]