なくて七癖

先日、弊社のクライアント様のPCが壊れたので

 

復旧のお手伝いをしました

 

他人のPCを覗いて見ると、その人独特の

 

なんでしょう?クセかな

 

そういうの、ありますよね

 

 

うちのプリンス君のPCもそうなんですが・・・

 

 

 


デスクトップいっぱいのファイル・・・

 

 

 

まるで壁紙のごとく

 

ほとんど埋まっています

 

実際は、やりかけの作業ファイル(エクセルなど)

 

だと思うのですが、これが少々厄介で・・・

 

 

 


Windowsの場合デスクトップというのは特殊フォルダに関連付けされています

 


ようは、Windowsのシステム自体に深く関係してるということです

 

 

これは、OSに万が一の問題が生じた場合

 


デスクトップに置かれているファイルやフォルダに影響を与えてしまいます

 

 

最悪の場合、一瞬で消失してしまうこともあります

 

 

 

ある時、突然デスクトップがきれいになってる?

 

 

ファイルやフォルダが消えてなくなる・・・

 

 

実際に発生しているトラブルのひとつですなんですよ

 

 

 

出来る限り、ここには直接ファイルなどを置かず

 


代わりにショートカットを置くようにしましょう

 

 

 


さらに

 

 

バックアップを普段から取るようにしましょう(基本です)

 

 

 

クライアントさんのPCも

 


プリンス君のPCも

 


デスクトップにファイル満載でした・・・

 

 

 

怖いですね~

 

 


出来るなら、システムとデータを別々のドライブで保存するのが

 


望ましいのですが、無理ならパーテーションで区切ったほうがいいです

 

 

 

 

 


普段使っているPCにも

 


使っている人の性格やクセが出るもんです

 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: なくて七癖

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.totalassist.jp/mt/mt-tb.cgi/436

マクロミルへ登録

タグクラウド

このブログを購読

※IE6は対応しておりません。

[フィードとは]